体育


 体育は運動能力、身体の成長だけでなく、自立、精神力、協調性などの心の面で
の成長も促します。これらの成長には、さまざまなことに挑戦することや体験すること
が重要となってきます。

 今現在では、橋本先生の思想である「いいこと」、「いけないこと」、「危ないこと」な
ど、さまざまな事柄への対応方法を体験から学ぶ「体験学習」を引き継ぎ、入園当初
は模倣運動(うさぎ、ライオンなどの動きを真似した基本的な動作)を中心に手の先
から足の先までの全身を使った運動や、遊びの中でボール、なわとび、など用具の
使い方を学んでいます。いろいろな経験を積み重ねながらステップアップし、複雑な
動きを取り入れた模倣運動や、ボール・なわとびなど活動的な運動(ドッジボール、サ
ッカー、前回し跳び、駆け足跳び等)室内運動(マット、跳び箱、平均台等)を行ってい
ます。

 また、子供たちがさまざまな事に挑戦できるよう、「挑戦するための環境作り」にも
力を入れて活動を進めています。例えば、少しでも上達した子は、必ず褒めます。褒
められた子は自信をつけ「自分からやろう!」という気持ちになり、次のステップに進
むことができます。逆に上手に出来ない子には、全てをしてあげるのではなく、アドバ
イスや励ましの声をかけます。すると、成功したときに「自分で出来た!」という達成
感があり、次のステップに進む意欲も生まれてきます。このように「やらされている体
育」ではなく「自分からやろうとする体育」を目指しています。

 言葉を習得し、自分で考え、行動できるようになってくる幼児期は、いろいろな動き
を身につける絶好の時期です。たくさんの良い運動経験を子ども達と共に行い、少し
でも発育・発達の手助けになればと考えております。

戻る